積 丹 半 島 の 温 泉 ガ イ ド
 
 

 積丹半島には仁木町を除く各町村に温泉が湧き出ていますが、21世紀に入り閉館が相次いでいます。らいでん温泉郷のホテル観光かとう、ホテル八一(旧ホテル雷電)、神恵内の温泉竜神荘、余市のフゴッペ川温泉天山楽などがバタバタと閉館。岩内の朝日温泉は2010年より休業(実質閉館)、泊の国民宿舎もいわ荘は2014年で営業停止し取り壊し現在は駐車場になり、2018年春より余市はまなす温泉は営業休止中です。2019年には雷電温泉街で唯一営業中だったみうらや旅館が閉館し雷電温泉街は全滅,積丹町野塚の旅館北都も営業をやめました。

 一番の激震は、コロナ渦の2020年4月に積丹一の名湯リフレッシュプラザ温泉998が営業停止したことでした。間髪をおかず余市の鶴亀温泉も休館に。私の好きな温泉の相次ぐ閉鎖にガックリでしたが,鶴亀温泉はリニューアル工事をして11月中旬には再開とのことでやれやれです。なお料金や営業時間などは変動しているかもしれませんので各自でご確認ください。


おかえりなさい(岩内町、0135-61-4111)》

 聖観湯という豪華檜造りの高級和風温泉旅館が倒産し、高島旅館が2010年に落札。隣にあるレベルの高い温泉宿である高島旅館との棲み分けを図りながら、リーズナブルな料金の温泉宿に変身させました。宿泊者のニーズにより素泊まり・朝食付き・二食付きをチョイスできるのもいいですね。無色透明の柔らかいお湯で、湯船から天井まで天然木がふんだんに使われています。以前は開放的だった露天は、屋根がかけられ壁ができて半露天式になりました。露天のお湯はややぬるめですが、内湯はやや熱めで、体に心地良く染みわたります。6:30〜23:00、第二火曜日休み、800円。

  いわない高原ホテル(岩内町、0135-62-5101)》

 渡り廊下の先にある浴室はログハウス風ですが、露天は石造りで風見鶏が立っています。敷地内にはテニスコートや美術館(荒井記念館)もあります。15:00〜20:00(日祝は 12:00〜)、無休、1000円。

グリーンパークいわない(岩内町、0135-62-8841)》

 ガラス張りの浴槽からは岩内市街を一望でき、特に漁り火も見える夜景はナイスです。2007年の民営化後少々リニューアルし宿泊料金はだいぶアップしましたが、日帰りはお手軽な料金のままです。8:00〜15:00& 17:00〜20:00、無休、600円。

サンサンの湯(岩内町、宿泊不可、0135-62-3344)》

 旧いこいの湯は取り壊される予定でしたが、地元の有志の方々の熱意で再興され、2012年にサンサンの湯として再出発しました。少し熱めのお湯が掛け流されていますが、露天はありません。11:00〜21:00、 不定休、 500円。


盃温泉潮香荘(泊村、0135-75-2111)》

 盃温泉街最古参の平屋建ての温泉宿で、国道から少し入った高台にあります。1999年に改装して海の見える露天ができ、ここから見る海と山と空と漁港のコントラストは素晴らしいです。なお岩内マリンホテルは姉妹館になります。10:00〜20:00、 無休、 500円。

盃温泉民宿レストハウスいわた(泊村、0135-75-2138)》

盃温泉は1975年に環境庁(現環境省)から国民保養温泉地に指定されていますが、その頃の華やかな面影は今はありません。いわたは老舗の民宿で、食堂の突き当たりに小さな内湯が一つだけ(露天は無し)の浴場があります。不定休、10:00〜20:00、400円。

盃温泉茂岩温泉ホテル(泊村、0135-75-2106)》

国道から少し入ったところにある年期の入ったホテルで、レストハウスいわたと向かい合わせにあります。現在は日帰り入浴のみ対応しています。少し熱めの小さな内湯が一つだけ(露天は無し)ですが、湯船の下から温泉が湧出しています。不定休、15:00〜20:00、500円

珊内ぬくもり温泉(神恵内村、宿泊不可、0135-77-6131)》

 998リフレッシュプラザと竜神荘がなくなり、神恵内村唯一の温泉になりました。村の利用者が多い、浴槽が一つあるだけの小さな村営温泉です。露天風呂はありませんが、鉄分が多い赤褐色のお湯は湯冷めしません。月曜&木曜&年末年始休み、13:00〜20:00、500円。


岬の湯しゃこたん(積丹町野塚、宿泊不可、0135-47-2050)》

 野塚の高台に2002年にオープンした町営温泉で、リフォレ積丹ユースホステルから一番近い温泉です。露天から眺める日本海に沈む夕日は感動ものです(10〜3月は神威岬に沈むので日本海には沈みません)。ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉ですが、循環式なので少々塩素臭いのが難点です。リフォレの宿泊者の方にはお安い券をご用意しています。2020年に営業時間の変更があり、水曜休み(祝日は営業、7,8月は無休)、11:00〜19:30、620円。11〜3月は水&木曜休み、露天は閉鎖,11:30〜19:00。

ふるびら温泉しおかぜ(古平町、宿泊不可、0135-42-2290)》

 ふるびら温泉は、昔々の古平高校を再利用した校舎の湯として長く営業してきました。しかし配管などが古くなり、隣地に建て替えて、2011年にふるびら温泉しおかぜと名称変更してリニューアルオープン。町営から公設民営になって、地域色豊かに運営されています。赤褐色の湯冷めしない源泉掛け流しのお湯は健在で、露天やサウナを新設。露天の冬期閉鎖は少々残念ですが、昼には軽食もでき、広々とした休憩室でのんびりできます。10:00〜21:00、第1,3木曜休み、550円。


余市川温泉宇宙の湯(余市町、宿泊不可、0135-22-4126)

 宇宙飛行士の毛利衛氏の実家がかつて経営していた銭湯「喜久乃湯」は、1998年に建て替えられて宇宙の湯に変身。香りを付けた風呂は日替わりで(ウイスキー風呂の日も)、サウナや露天(かなり小さいですが)もあります。二階にある居酒屋風の大衆食堂は食事のみもOKですが、掃除はあまり行き届いていないようです。9:30〜22:00、 無休、 450円。

よいち観光温泉(余市町、宿泊不可、0135-22-3658)

 吉田観光農園さんが経営する銭湯温泉で、だいぶ年期が入ってきました。敷地に湯元(59.4度)と書いた源泉小屋がありますが、かけ流しではありません。露天はなく、熱めとぬるめの内湯が二つだけ。

 火曜休み、9:00〜21:00、440円、シャンプー&石鹸なし。

鶴亀温泉(余市町、0135-22-1126)》2020年5月から11月中旬まで休止後、営業再開

 かつてはしょぼい温泉でしたが、2007年に経営者が変わって建てられた建物は見違えるほど立派になりました。浴場は2階にありますが、高齢者や身障者はエレベーターが使えます。新たに造られた二つの露天は中温と高温で、ええ感じのお湯がかけ流されています。黄土色の食塩泉で、『熱の湯』と言われる泉質のお湯はよく暖まります。 10:00〜22:00、第3月曜休み、700円。

ワイス温泉(共和町、0135-72-1171)》

 国道5号線沿いにある、1970年開業の鄙びた一軒宿です。タイル張りの内湯が一つあるだけで、露天はありません。湯船にはプラスチックのパイプから源泉を注入しています。宿泊料金はかなり安く,激安の湯治プランもあります。16:00〜20:00(土日祝は 10:00〜)、 無休、 500円。

赤井川カルデラ温泉(赤井川村、宿泊不可、0135-34-6441)》

 2007年に公設民営化し、赤井川保養センターより名称を変更しました。軽食堂もある、地域の憩いの場を兼ねた温泉で、夏に売っているスイカは安くて美味しいです。2014年にリニューアルして、新たに浴槽やサウナが出来ました。10:00〜21:00、 月曜休み、 400円、シャンプーリンスはなし。

キロロ温泉森林の湯(赤井川村、0135-34-7111)》

 1996年にキロロリゾートのホテルピアノ(2015年にトリビュートポートフォリオホテル北海道に改称)に併設してオープン。2016年12月にリニューアルしています。15:00〜23:00(土日祝&スキーシーズンは11:00〜)、 無休(クローズ期間あり)、1200円。

意外や意外、岩内をはじめ積丹半島の各町村に温泉が