ス ノ ー シ ュ ー & 山 ス キ ー
 
 

スノーシュー 》

 近年人気急上昇はスノーシューです。エッジがついていないクロスカントリースキーは初心者には扱いがなかなか大変ですが、スノーシューはいたって簡単です。ワカン(輪かんじき)と比べると雪との接地面積が大きいため沈み込みが少なく、大きな爪がついているので滑ることもなく、新雪にもグイグイと入って行けます。

 リフォレ周辺、積丹岬、美国川中上流部、積丹岳などで楽しめますが、一番のオススメは積丹岬をスノーシューをしながらのアザラシやオオワシ&オジロワシウオッチングです。また雪が落ち着く3月には積丹大滝へのスノーシューもオススメですが、スノーブリッジには十分お気をつけください。

 なおリフォレでは12月中旬から3月中旬まで、宿主が連泊者を岬へスノーシューツアーにご案内しています。詳細はお問い合わせください。

山スキー 》

 山スキーはかつては一部マニアの独壇場でしたが、用具の進化と共に気軽にバックカントリースキーを楽しめる時代になりました。しかし山に入る方の増加に比例して遭難事故は増えています。雪山に入山される方は必ず、ビーコン、スコップ、ゾンデ棒はご持参ください。

 日本海に突き出た積丹岳は古くから春スキーに人気の山です。雪が落ちつく3月から4月にかけてがグッドシーズンで、天候に恵まれれば素晴らしい景色が広がります。2009年からスノーモービルの乗り入れが禁止されたのも、バックカントリーを楽しむ方には朗報です。またウエンドから余別岳・積丹岳へと降りる上級者コースや、まず人に会わない当丸峠から両子美山へも隠れた人気コースです。

 ニセコいわない国際スキー場は次々と経営母体が変わり、現在リフトはファミリーゲレンデの1機だけしか稼働していません。しかし圧雪車で登り、標高700mエリアのパウダースノーを豪快に滑るキャットツアー(一日6本予定)は大人気です。一人16000円、一日一台貸切は14万円、要予約です(人気で予約はとりにくいようです)。日時やご予約はニセコいわないスキー場までお問い合わせください。

大きなゲレンデはありませんが、積丹半島でも色々と雪遊びが