積 丹 半 島 の 四 季
 
 

積丹半島の春 》

 積丹の春は4月上旬から6月下旬です。

 4月上旬には雪がぱらぱら降ったりする日が例年二日ほどあります。路面は凍ることもなくなり、タイヤ交換はだいたい4月中旬です。5月末までは積丹岳から雪解けの風が強く吹き、体感温度は割と低く最高気温も15度位です。

 5月中旬になると新緑がとても綺麗で、下旬になると桜が咲きます。6月末には積丹岳の残雪もほとんどなくなり、20度を超える日も何日かあり半袖も着れるようになります。

 山スキー(GWまで)、ギョウジャニンニク・タケノコ・ウドなどの山菜採り(4〜6月)、エゾエンゴサク・カタクリ・水芭蕉が満開(GW前後)、太公望にはカレイ・ホッケ釣り(6月上旬まで)、船釣りのターゲットはサクラマス(2〜4月)、5,6月は岬から肉眼でもカマイルカの群れが見れるかも。


積丹半島の夏 》

 一年で一番暑い8月上旬の最高温度は28度位、最低は18度位で夜が寝苦しいことはほとんどないかと思います(2010年の猛暑は例外)。毎年お盆を過ぎれば急に涼しくなり半袖では寒いくらいです。また夏至の日の出は3時台・日の入りは19:20頃で、3時半には明るくなり出しますので本州から来た方はあまりの違いにびっくりします。

 海の透明度は折り紙付きですので、ぜひ水着を持って海遊びにお出かけ下さい。 また子供たちには磯だまりでのカニ釣りがオススメで、意外にもお供で出かけた親のほうがはまってしまいがちです。

 リフォレ畑でイチゴ狩り(6月末から7月中旬)、海水浴(7月下旬〜8月上旬)、ビーチグラス拾い、積丹大滝へのリバートレッキング(10月中旬まで)、グルメの方には生ウニ丼(9月上旬まで)とサクランボ狩り(仁木&余市で7月下旬まで)。


積丹半島の秋 》

 積丹の秋は8月下旬から11月上旬です。非常に温度変化が激しい季節で、9月に旅をされる方は半袖からフリースまでご用意された方がいいかと思います。近年は9月上旬の暖かい日には真夏並みの暑さになることもしばしばです。

 初霜は9月末で、積丹岳の初冠雪は10月上旬で、この頃より紅葉が始まります。中旬には季節の風物詩である雪虫が飛び回り、下旬にはリフォレでも初雪が舞います。

 畑の実りをはじめ食べ物が美味しく、色々な意味で雪が降る前は一年で一番楽しい季節です。

 ルアーでの鮭釣り(9月下旬〜10月中旬)、山ブドウをとってきてのジャムづくり(10月上旬)、キノコ狩り(9月下旬〜10月上旬)、積丹岳への紅葉ハイク(10月中旬まで)、シーカヤックやダイビングに最適、雪が降るまではパークゴルフにもいい季節です。


積丹半島の冬 》

 積丹の冬は11月上旬から4月上旬です。雪の降る時期が冬だとすると、約5ヶ月が冬になります。

 厳冬期の平均最高気温はー2度位、最低はー8度位でマイナス二桁になることはほとんどなく、北海道の中では比較的暖かいエリアに入ります。しかし冬場は吹雪で時化の日が多く、降雪量はとても多いところです。

 降っては溶けてを繰り返していた雪は毎年12月中旬には根雪になり、リフォレの敷地内の雪が完全に消えるのは4月下旬です。演歌が似合う厳冬期、積丹半島の自然は夏とはまた別の顔を見せてくれます。なお雪遊びをされる方は長靴はお貸ししますが、手袋と帽子は必ずお持ちくださいね。

 アザラシ、オオワシ、オジロワシウオッチング(12月中旬〜3月下旬)、スノーシューやXCスキーを履いてのスノーウォーク(12月〜3月下旬)、カマクラ遊び(1月〜3月中旬)、湧き水が氷った青スガ観察(12月下旬〜1月上旬)。


*トラキチ特別企画

 リフォレではタイガースのセ・リーグ優勝決定日は宿泊費が半額です。またイーグルス対タイガースの日本シリーズ実現の際には、日本シリーズ開催中は宿泊費1000円でど〜んと出血大大大サービスの予定です。その日まで宿があるかが心配ですが、トラキチのみなさんお楽しみに。

*アニマルウオッチングプラン 2泊3日で13000円

★期間……12月中旬から3月中旬まで(12/30から1/1は除く)。

☆料金に含まれるもの……二泊の宿泊代(お一人様より個室をご用意します)、朝食二回、夕食二回、岬の湯しゃこたん入浴券一枚、スノーシューレンタル代、2時間ガイド代。

★注意……冬になればやってくるアザラシ・トド・オオワシなどを岬に見に行くお得なパックですが、動物園ではありませんので野生動物は見られないときもあります。


積丹半島のベストシーズンは? 》

 よく旅人の方から「一番いいシーズンはいつですか」という質問を受けます。

リフォレの旅人さんの中には季節を変えて積丹を訪れる旅人がいる一方で、5月のホッケ釣りしかこない岡山のT君、休みの関係でお盆の頃にしか来れないライダーさん、10月のサケ釣りにしか来ない長野のS君、トドやアザラシのいる季節しか来ない東京のIさんをはじめ、来る季節が決まっている旅人さんもいます。逆に言えばそれぞれの季節にそれぞれのニーズに対応して楽しめるエリアでもあります。

 個人的にはウニやサクランボが楽しめ岬がエゾカンゾウで黄色に染まる6月、畑や海のものが色々味わえ紅葉が綺麗な10月上旬、演歌の似合う厳冬期の2月が一番積丹半島らしい季節だと思います。

夏だけじゃあないよ、四季折々に楽しめる積丹半島