積 丹 半 島 グ ル メ ガ イ ド 2
 
 

旅人さんが意外と苦労するのが積丹土産です。積丹半島でこれはというお菓子がないのが残念です。


お土産&干物など 》

石橋商店 】(岩内町、0135-62-2260)

 赤肉メロンとくれば夕張というイメージがありますがどうしてどうして。共和町で作るらいでんメロンは北海道一の生産量を誇ります。センサーによる糖度管理はもとより、個体管理によるトレーサティも行われていて、甘さは違いありません。国道沿いにある石橋商店は濃いキャラの大将が一人でやっています。表看板はありませんが、7月〜10月中旬は店頭にメロンの箱が山積みです。バラ売りはありませんが、お盆過ぎには値段が下がり出し、秀品の赤肉のルピアレッド1箱4個入りが4000円で買えたりもします。数年前には赤肉の新品種レッドティアラが登場しましたが、かなり美味しいです。なお2016年はお盆過ぎに病気により一ヶ月弱休業も、2017年は通常通り営業とのことです。ほぼ無休、8:30〜19:00(変動あり)。

中根酒店 】(余市町、 0135-22-2315)

 余市はワイン用ブドウの専業農家が道内一です。2011年に国からワイン特区に認定されて以降小規模ワイナリーが増え、ワインの品揃えが急増しました。中根酒店には、ドメーヌ・タカヒコをはじめ各ワイナリーのワインが勢揃い。店主の中根さんのワイントークもなかなかええ感じで、町内のヤードマップも自作しています。なお近年操業を始めたワイナリーの多くは見学ができない場合があります。事前のご確認をお願いします。不定休(日曜休み多し)、10:00〜20:00。

南保留太郎商店 】(余市町、0135-22-2744)

 余市港そばにある昔ながらの製法にこだわる保存料無添加の薫製屋さんです。初めて行きだした15年前から比べると店舗も大きくなり、品数もかなり増え、立ち寄る観光客も急増しました。地元の素材を使った手間暇かけた薫製は激ウマで、ヘラガニの薫製は他ではなかなかお目にかかれません。全般に口に入れた瞬間は少し塩っぱいですが、噛めば噛むほどじわっと味がにじみ出ます。甘エビやホッケなどの魚介類はもとより、近年は素材のバリエーションが広がり、卵や豆腐、トウモロコシなどの野菜の燻製もあります。試食をしてからお気に入りをどうぞ。年末年始以外は無休、8:00〜17:00。

カキザキ商店】(余市町、0135-22-3354)

 余市駅前にあるオレンジの看板が目印で、季節のお買い得品が山積みの激安スーパーで、2010年に一部改築しました。鮮魚が中心ですが干物や酒類なども置いていて、その場で自宅に送ることも出来ます。かつては鮭が一本100円とか、ホッケの開きが三枚で300円という夢のような時代もありましたが、今では遠い過去の物語です。価格はじわじわと高くなり、鮭は四桁時代に突入。でも他店と比べるとまだまだお安いです。ほぼ無休(元旦休み、臨時休業たまにあり)、9:00〜19:00。

よ吉野水産 】(古平町、0135-42-2114)

 古平でタラコといえば、製造直売の吉野さんがオススメです。2005年には旧社屋から場所が少し移動して、新社屋が完成しました。極上の1㎏箱入りが5140円、切子の400gパックが1230円など色々とあり、各種詰め合わせもあります。ほぼ無休(日曜休むことも)、8:00〜17:00。

漁業組合直売所 】(古平町、0135-42-2518)

 東積丹漁業組合の直売所が古平港にあり、人気のつぶ塩辛からえびラーメンまで品揃えが豊富です。ウニの季節には塩水入りの生ウニが比較的お安く入手できます。年に数回漁業祭を開催していて、6月の漁業祭では生ウニ丼をリーズナブルに提供しています。無休(1〜3月は水曜休み)、8:30〜17:00。

野村商店 】(古平町、0135-62-2260)

 チップ(ヒメマス、紅鮭の陸封型)を守り続けて50余年、チップの養殖を道内で行う唯一のお店です。いろり焼き(ガーリックハーブなど3種類)、薫製、甘露煮などがラインアップ。ミシュラン三ツ星店に納入実績もあり、2015年には第12回小田豊四郎賞を受賞しています。水曜休み、9:00〜17:00。

香川菓子店 】(余市町、0135-22-2608)

 創業100余年、老舗の菓子店です。三種類のあんを使ったりんご最中は一個150円で、ぎっしりとりんごが詰まっています。レアーなのはウイスキー最中。ウイスキーの形をした最中の中に、洋酒に浸したレーズンが入っていて一個150円也。不定休、9:00〜18:00。

エルラプラザ 】(余市町、0135-22-1515)

 余市駅に隣接してあり、余市土産の品揃えが豊富です。特産のりんごを使ったお菓子、焼きたてのアップルパイ(かなり美味)やジェラートなど色々あります。二階にはジャンプ王国余市が輩出した選手たちの道具が展示されています。中央バスの案内所を併設していて、積丹半島東海岸の情報発信も行っています。

北緯43度 】(岩内町、0135-62-8343)

 食堂を併設した土産物屋さんです。高級なサクラマスはどう料理しても美味しいのですが、以前ここで見つけたサクラマスの燻製はかなりいけました。定食の種類が多い食堂はサラリーマンにも人気です。無休(冬期は日曜休み)、8:30〜18:00(食堂は11:00〜15:00)。

黒曜石ナイフ&ペンダント 】(積丹町町野塚、0135-45-6621)

 積丹カヤックスのオーナーさんが黒曜石でこだわりのナイフやペンダントを作っていて、黒曜石ペンダントはリフォレでも販売しています(1個4000円)。黒曜石ナイフに関心のある方は、まずはお電話をして積丹カヤックスをおたずねください。


オリジナルガイドブック あなたの知らない積丹半島  最終号 】(積丹町婦美、0135-44-3277)

 カラー144ページ、これ一冊あれば積丹半島の旅がますます楽しくなります。
 1999年に創刊号を作ったときは、その後6冊も作ることになるなんて思ってもみませんでした。自費出版本をつくるには多くの時間とエネルギーが必要ですが、年とともに細かな作業ができなくなり、限界が。気合いを込めて2年がかりで制作し,最終号を2017年4月に発刊することが出来ました。

 なお最終号を郵送希望の方は、郵便振替で(1冊800円、送料は当方で負担します)下記に送金して下さい。入金を確認次第スマートレターでお送りいたします。


 ★口座名  リフォレ積丹     ★口座番号 02750-7-27532



  ワイナリー、続々誕生中  》

 北海道でワインとくれば、十勝ワインを思い浮かべる方が多いかと思います。十勝ワインはかつて、NHKのプロジェクトXにも登場しました。当時の丸谷金保町長の号令のもと、様々な苦難を乗り越えて、1975年に商品化に成功しました。

 その後北海道のワインは少しずつ人気が高まり、近年は道内各地に続々とワイナリーが誕生しています。近年の道産ワインはクオリティが向上し、国内外の賞を数多く受賞しています。その理由は、湿度が低く昼夜の寒暖差が激しい北海道の冷涼な気候がヨーロッパの産地に似ていること。生産農家の努力でブドウのクオリティが上がったこと。醸造技術が進歩したこと。そしてなんと言っても、本州や海外から意欲的な醸造家が北海道に移り住み、実力のある醸造家が増えたことです。

 マッサンでブレイクした余市はウイスキーだけではありません。1980年代に農家7軒がワイン専用種の栽培に着手。道内ワイナリーとの契約栽培が広がり、2011年に国から『北のフルーツ王国よいちワイン特区』に認定されました。特区認定後は続々と小規模ワイナリーが誕生。今では、北海道一の醸造用ブドウの産地としての地位を確立し、ワイン用ブドウ栽培だけで経営が成り立つ農家もあるくらいです。また2月下旬に開催される『ワインを楽しむ会』は、様々なワインの飲み比べができるので、ワインファンの方々に大人気です。

 

 オチガビワイナリー創業者落希一郎氏は、『ワイン界のマッサン』と呼ばれています。小樽に住む叔父の勧めでドイツに留学、ブドウ栽培や醸造を勉強し帰国。1977年に日本では難しいと言われていた欧州系のワイン専用ブドウを道内に持ち帰り、浦臼などで育てました。1991年には新潟で『カーブドッチ』を成功させ、そして最後は最もワイン造りに適した町と決めた余市で創業。フロントランナーとして、余市を日本有数のワイン産地へ押し上げることに大きく貢献しました。

 落氏は国が主導する農林漁業成長産業化支援機構からの出資を受けて事業化に踏み切り(いわゆる六次産業化)、カリフォルニアのナパバレーを目標にまずは30軒、将来的には100軒ものワイナリーを、余市仁木エリアに呼び込もうとしています。受講期間18ヶ月のワイナリー塾も自ら開設し、新規就労者育成にも力を入れます。将来ワイナリーを経営する方のための学びの場を設け、畑、醸造、売り方の基本を教えます。

 オチガビワイナリーと同じようなコンセプトで、仁木町旭台にはNIKI Hills Villageが2015年に誕生しました。作家のC.W.ニコル氏や冒険家の舟津圭三氏らが運営に協力。2015年10月に醸造所が完成、2018年にかけてレストラン、宿泊棟、ナチュラルガーデンなどが順次できていく予定です。

 ベリーベリーファーム(ワイナリー仁木)は手間ひまを惜しまず、品質の良い作物を収穫することをテーマに、有機JAS認定を受けています。珍しいオーガニックワインも造っていて、2014年夏にオープンしたレストランも人気を集めています。

 ドメーヌ・タカヒコは、ワイン造りをすることを目的に始まった家族だけで経営する醸造所を持つ農園です。畑には、ビオで管理されたピノ・ノワール(約9000本)が植えられています。農場の敷地内では、納屋を改造した小さなワイン醸造所があり、独自の考えをもってワインを醸造しています。

 また、リタファーム&ワイナリー(余市町登)は余市ワイン特区第1号、 余市町で3番目のワイナリーとして2013年に誕生しました。


 

お土産&グルメ四方山話