シ ー カ ヤ ッ ク & ダ イ ビ ン グ
 

北海道でマリンスポーツなら積丹半島でしょ

シーカヤック 》

 積丹半島の断崖美を楽しめるイチオシは、なんと言ってもシーカヤックだと思います。2001年にはクロスアドベンチャー世界大会の舞台にもなった積丹半島(当時のシーカヤックコースは野塚〜美国小泊)ですから、そのすばらしさは折り紙つきです。

 積丹町野塚では2003年から積丹カヤックス(西村巌氏主宰)がツアーを開始しました(基本はワンデイツアーで12000円)。積丹カヤックスはツアーガイドはもちろんですが、誰もいない浜にあがっての美味しいランチにも力を入れています。また厳冬期には、アザラシを見に行くシーカヤックツアーも行っています。漕げる日はきわめて限られるレアーなツアーですが、マニアックな方はいかがでしょう。

 小樽の塩谷海岸では Blue Holic がツアーガイドを行っていて、青の洞窟ツアー(半日)が人気です。お手軽な料金の初心者用のピクニックツアー(90分)もあります。

 札幌に本店をおくダイビングの総合商社ポセイドンは、2016年に泊村弁天島前にさかずきテラス(不定休)をオープン。カヤックなどの各種マリンアクティビティ(要予約)を提供しています。

 ニセコのかむいちぇぷは、6月中旬から9月中旬まで、余市のローソク岩周辺でお散歩ツアー(2時間、午前と午後の一日2本)を行っています。


ダイビング 》

 南の海でダイビングをしている方には、「北海道でダイビング?」と疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。しかし断崖美や透明度を楽しめる上、積丹半島ならではの楽しみが多々あるのです。特にアザラシやトドと遭遇できる冬のダイビング(海水温は5度位)は積丹半島ならではです。この時期はホテイウオやダンゴウオ、ホッケの産卵や孵化も観察できます。でも多くの魚に会えるお盆過ぎがベストシーズンで、水温は22,3度まで上昇しウエットスーツで潜れます。また5,6月はイルカ、8,9月はブリ、10月はマグロの回遊に巡り会えたりします。

 北海道におけるダイビングのメッカの積丹ですが、春先は雪解け水が海に入るので透明度はどうしても落ちるのが残念です。

 幌武意港のアクアキャットゼムハウス、美国をベースにしている札幌のピコやロビンソンをはじめ様々なショップが積丹半島でダイビングツアーを行っています。それぞれHPを開設していますので、機材や装備など詳細はご参照ください。なお料金はショップによって違いますが、1日2ボートで、夏期1.4万円、冬期1.8万円前後です。

 また支笏湖のオーシャンデイズでは、夏に美国の茶津海岸で簡単な装備で洞窟に入り、夜光虫を観察するシュノケーリングツアーを行っています。


クルージング 》

 北海道でも数少ない海中公園、日本の渚百選、北海道遺産の本当の価値を海から探求するエコクルージングを幌武意のゼムハウスでは行っています。季節にもよりますが、トド・イルカ・アザラシ・オットセイ・ハシボソミズナギドリ、ウトウ、オオワシ・ミサゴ・アオサギ・アマツバメ・コウモリなどが観察できます。コースは、東エリアはポンマッカまで、西エリアは積丹岬までで、5人以上の相乗りで60分で4500円、90分で6000円です。

 また美国の積丹マリーン2014年よりクルーズを始めました。こちらはシャコタンブルーを間近で体験できる和船クルーズで、大型船では近づくことができない断崖絶壁まで近づくことができるのが魅力です。マッカ岬コースは90分で3500円、時間など詳細はお問い合わせください。