積 丹 半 島 各 町 村 ガ イ ド
 
 

古平町2010年人口3611人/2040年予想1515人)>

 江戸時代より鰊漁で栄え、明治初期には開拓使出張所が置かれるなど東積丹地域の中心地として発展しました。マグロの豊漁に沸いた時期もありましたが、1977年の200海里漁業専管水域設定以降は人口減少が続きます。

 古平港にある東しゃこたん漁業協同組合の直売所で、年に数回朝市を開催していて、新鮮な魚介類がお安く手に入ります。また2014年秋に始めたふるさと納税制度は、盛り沢山な海産物が送られてくるので人気を呼んでいます。


神恵内村2010年人口1122人/2040年予想525人)>

 2012年末で人口が1000人を切った神恵内村は、積丹半島で一番人口の少ない自治体です。四季折々の海産物が自慢ですが、なかでもホタテの栽培漁業が盛んで、道の駅では大きな水槽が中央に置かれ格安で売られています。海岸線には石を積んだ独特の工法で作られたミニ漁港の『 袋澗』が今もたくさん残っていますが、これはニシン漁が盛んだった頃の名残の一つです。

 西の河原(ジュウボウ岬)は設置された遊歩道が2008年頃より崩壊し、ぱらぱらと落石もあり、シーカヤックで行く以外は安全を確保できないと思われます。詳細をここで紹介できないのがとっても残念です。


泊村2010年人口1883人/2040年予想1113人)>

 100年近く操業した茅沼炭鉱閉山後に原発を誘致し、炭鉱の町から原子力の町に変身しました。北海道唯一の原発がある関係で、建物はどれも立派で、無料のプールや100円のアイススケートリンクまであります。 しかし東日本大震災をうけての原発停止後は一転、町営の国民宿舎のもいわ荘(2016年12月現在更地)の廃業などに追い込まれました。

 原発補助金のお陰で財政が豊かな泊村は北海道では唯一の交付金非交付団体で、他の町村に比べると人口減少も比較的ゆるやかです。


共和町2010年人口6428人/2040年予想3749人)>

 畑作が盛んですが、積丹半島の米どころでもあります。あまり知られていませんが、共和町が誇る『らいでんメロン』は、夕張を抑えて北海道一の生産量です。赤肉のルピアレッド、甘くて美味しいよ〜〜。

鉄道ファンには、旧岩内線の幌似駅を当時と同じ状態で保存している鉄道公園もオススメです。


仁木町2010年人口3800人/2040年予想2300人)>

 温暖な気候を利用したフルーツ栽培が盛んで、なかでもさくらんぼが有名で、佐藤錦・水門・南陽・紅秀峰などを栽培しています。またミニトマトは夏秋産地の全国トップブランドで、第34回日本農業賞優秀賞を受賞しました。

 パークゴルフが盛んなふれあい遊トピア公園は、冬になるとナイター設備もあるリフト1基のスキー場がオープンし、地元の子供達で賑わいます。

古平町、神恵内村、泊村、共和町、仁木町