積 丹 町 美 国 周 辺 ガ イ ド
 
 

 美国は積丹町(人口約2200人)の中心の集落で、美国と言えばなにはともあれ生寿司です。札幌や小樽からわざわざお寿司だけを食べに来られる方もたくさんいます。魚介類ではウニとマグロが有名で、築地では積丹のムラサキウニと礼文のバフンウニがブランドウニです。ウニ漁は5月末の余市から順番に、古平、美国、日司と解禁になっていき8月いっぱいが積丹での漁期になります。でも近年資源は枯渇気味で、ウニの漁期の間でも生ウニ丼の価格は高騰しています。

 

 美国港周辺は一年を通して釣りを楽しめます。春のカレイやホッケ、秋の鮭やヒラメ、晩秋のマメイカに冬のカジカ。又ソイやアブラコをターゲットにルアーフィッシングも楽しめます。内湾ではチカが群れていますので、家族連れのサビキ釣りにはもってこいでしょう。でもここ数年チカの群れの少なさは気になります。また2014年に北防波堤にテトラを山積みして以降、全般に釣果は落ちています。


 訪れる方はほとんどいませんが、美国川中上流部(川上地区)は厳冬期にはスノーウオークに最適で、お目当ては青スガとマシュマロ岩です。歩き出してすぐに見える青スガは崖の真ん中にわき出る湧き水が凍って蒼く見えるのですが、太陽光線にあたるときらきら輝きます。ざっくざっくとバージンスノーを踏みしめ上流部に向け歩くとエゾウサギの足跡もいっぱいです。

 周りをキョロキョロして木々を飛び回る鳥たちのさえずる声を聞きながら、小一時間で美国川に架かる小さな橋に到着します。ここからはマシュマロ岩が見えますが、12月下旬が特にオススメです。美国川は丸い小石の多い川ですが、雪の降り始めにしんしんと雪が降ると岩の上にこんもりと雪が積もり、まるでマシュマロのような岩に変身するのです。

ウニの町、積丹町美国